somethingfor それは、幸せのおまじない。

サムシングフォーとは200年以上もヨーロッパで語り継がれている「おまじない」で、
結婚式の当日に花嫁が4つのサムシング(何か)を身につけると幸せになれるというものです。

サムシングフォーは、
Something New(サムシング ニュー)
Something Borrowed(サムシング ボロー)
Something Old(サムシング オールド)
Something Blue (サムシング ブルー)の4つのサムシングですが、
それぞれにとても大切な意味が込められています。

【何か新しいもの】を意味しています。
花嫁の新しい生活の象徴
これからはじまる生活、幸せな未来を祝福するために、汚れのない新しいものを何か新調します。
例えば「ウエディングドレスの新調やポーチ・ピローなどの小物」に人気があるようです。

【何か借りたもの】を意味しています。
幸せのおすそ分けと隣人愛の象徴。
幸せな結婚生活を送っている人から何か借りることで、その幸せにあやかります。
例えば、ご友人の方から「ハンカチーフ」など。

【何か古いもの】を意味しています。
家族のつながりと家の繁栄の象徴
先祖代々その家に伝えられて来たものを受け継ぎ、繁栄を願うと意味をこめて祖母、
母親のものを身につけるのが一般的です。
例えば「イヤリングやブローチ、ネックレス」など。

【何か青いもの】を意味しています。
花嫁の純潔と清らかさの象徴
聖母マリアのシンボルカラーが青であることから由来し、
また、このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされています。
例えば、「ブーケに青い花を添えたり、指輪の内側にブルーサファイア」など。
最近では「マニキュアやベティキュア」に使うことも。

bridalfairquatreange